人気記事 昆虫食の話

コオロギレシピグランプリ のファイナリストが決まりました!

 

コオロギレシピグランプリ 開幕から2ヶ月、たくさんのレシピのご応募いただきました。

みなさまのレシピはこちらのページからご覧いただけます。

 

 

8/15に行う試食審査会では、特別審査委員には内山昭一先生をお招きし、事務局が実際に作って再現したレシピを食べながら審査をしていきます。

そして全てのレシピの中で最も優れたレシピ、「グランプリレシピ」を決めることになります!

一次審査の結果、次の16レシピがグランプリ・ファイナリストに選ばれました!!

 

こちらの16のレシピです!!

 

 

画像クリックでレシピページに飛びます

<コメント>
黒糖やレーズンとクルミを組み合わせが良いですね。朝ごはんにタンパク質が取れるのも魅力です。
名前の「大地の恵みパン」というのもいいですね。

 

 

<コメント>
カニカマでロブスター風の味わいを再現し、パンもコオロギパウダーの粉っぽさを抑え、発酵なしで簡単に作れるよう工夫される等、アイデア満載、栄養満点で見た目もおしゃれ、ぜひチャレンジしてみたいレシピです。

 

 

<コメント>
こんなにたくさんのコオロギパウダーを入れて美味しく作るのはすごいです。見た目も綺麗で食欲をそそります。包む作業をお子さんとできるのもいいですね!

 

 

<コメント>
見た目が綺麗なだけでなく、コオロギパウダーの量もしっかり入っているのが魅力的ですね。
コオロギパウダーを使って出汁を取っているところもポイント高いです!

 

 

<コメント>
ごぼうと組み合わせて食物繊維を摂れるだけでなく、お肉を使わず豆腐使っているところも良いです!
豆腐と組み合わせことでコオロギパウダーの粉感を抑えている工夫も素晴らしいです。

 

 

<コメント>
大豆由来のおからや豆乳ベースで作った理由は、将来の動物性タンパク質の入手の難しさを見越してとのことです。
おからのパサパサ感をなくすためにミキサーにかけてあり、一手間工夫してあるところも素晴らしいですね。

 

 

<コメント>
手軽誰でも炊飯器があれば作れるようなレシピでありつつ、アボガドの炊き込みご飯というオリジナリティがある工夫されたレシピです。
洋風の炊き込みご飯でコオロギパウダーと合いそうですね。

 

 

<コメント>
沖縄の郷土料理も多く投稿がありましたが、一番こちらのレシピが美味しそうでした!
他の粉物料理に比べてもコオロギの味を生かしているレシピだと思いこちらに決めました。

 

 

<コメント>
彩りキレイで健康的。
コオロギパウダーをドレッシングに使うというのは新しいですね。

 

 

<コメント>
オレンジジュースとコオロギパウダーを組み合わせるのは思いつきませんでした。
朝にぴったりなドリンクですね。暑くて食欲がない日もこれなら飲めそです。

 

 

<コメント>
出汁をコンソメでなくコオロギパウダーで取っているこちらのレシピ。
ガスを使わずレンジで作っているのもいいですね。

 

 

<コメント>
応募者からのレシピ記載の「ポイント」からこのレシピはとても美味しかったことが伺えます。
炊飯器で簡単に作れるだけでなく、肉や魚を使わないのもポイントです。
審査会で食べるのが楽しみです。

 

 

<コメント>
コオロギパウダーを混ぜてモンブランを作るという発想はありませんでした。
見た目もおしゃれですね。
「味が美味しいから食べる」というコメントも食べ物の基本なのでこのレシピを選びました。

 

 

<コメント>
彩りがとても綺麗ですね。
エビとコオロギの味が似ているという話はよく聞きますが、実際に比べられる工夫がいいですね。

 

 

<コメント>
ただのケーキではなく、シーフードを混ぜてるところがいいですね。
見た目も綺麗で、パーティでも使えそうです。
味がとても気になります!!

 

 

<コメント>
ココアパウダーとコオロギパウダーは味も似ているのでケーキに入れても相性が良さそうですね。
色もチョコが黒いので気にならないですね。

 

 

この16レシピの中から試食審査会でグランプリが決定します!

グランプリの様子も別途アップしますのでそちらもご覧ください!!

 

※スポンサー賞は8月19日に発表します!

futurenaut
大学発ベンチャーのFUTURENAUTです!昆虫の食用利用のため、昆虫食の製造から販売、また食育や環境教育のための情報を発信していきます。