プラスミライ

FUTURENAUTの昆虫食メディア

昆虫食の話

老舗の百貨店の催事で昆虫食品を販売してみた

 

あけましておめでとうございます。

 

1月からバタバタしていまして更新が遅れてしまいました。

ただでさえ、更新頻度が少ないのに…💦

 

前橋スズラン「大群馬展」出店

 

バタバタしていた理由は、

1月6日から12日の一週間に、

デパートの催事に出店していたからです。

 

「スズラン」というのは群馬県の前橋市・高崎市にある、

老舗の百貨店です。

地元の人なら、小さい時に1度は連れてきてもらっているとか。

僕は地元が群馬ではないので、今回初めてお店に入りました。

 

そのスズランで行われる催事、

大群馬展」に出店をしてきました。

 

この大群馬展は県内の特産品をPRする物産展です。

・群馬のグルメ

・群馬の工芸品

等が一度に集まる物産展です。

 

コロナで中止になるイベントも多い中で非常にありがたいです。

大群馬展公式サイトより

 

 

FUTURENAUTはコオロギフードを販売

 

今回のラインナップ

・コオロギのゴーフレット

・2030年のゴーフレット

・コオロギと温泉水のチップス

・詰め合わせのコオロギフト

 

この4つを販売しました。

 

今回はおしゃれに可愛くということで、

什器を奇抜な感じにしてみました。

 

裏面は、ギャラリーとして昆虫食についての

パネルを掲示しています。

多くのお客さんがこちらのギャラリーを真剣に読んでくださいました。

 

一週間の出店を終えて

 

群馬のお客さんが多かったため、

「イナゴを食べたことはあるよ

と肯定的にとらえる人もいらっしゃいました。

 

でもまだまだ多くの人が

「え?昆虫を食べるなんて・・・」

「まだ早いんじゃないの?」

という声も聞きました。

 

うーん、

昆虫食品が一般的な食品になるのはもう少し先なのかもしれません。

となるとおしゃれに、見た目良くの方向性は間違ってなかったんだなと。

改めて実感しました。

 

でも今回地元の人が応援してくれるのは励みになります。

こういった地元のイベントにも出店していこうと思います。

コオロギ社長
FUTURENAUTの代表の櫻井です。 前までコオロギ君として記事をUPしていましたが、最近「コオロギ社長」と呼ばれることが多いので変更します。 これは昇格なのか?! 昆虫の見た目が苦手です。 でも苦手だからこそできる昆虫食の発信ができると思っています!