プラスミライ

FUTURENAUTの昆虫食メディア

昆虫食の話

虫が目覚める「啓蟄」という日に株式会社を立てる

FUTURENAUTは株式会社になりました。
3/6という日を選んだのには理由があります。
今回はそんな記事です。 

 

 

啓蟄とは

3月5日からは、二十四節気「啓蟄」、七十二候「蟄虫啓戸」。
なかなか読めないこの漢字たちは、「啓蟄」は「けいちつ」、「蟄虫啓戸」は「すごもりむしとをひらく」と読みます。—ウェザーニュースより

まだ朝昼は冷え込む日は多い中、昼間は暖かい日も増えてきました。風も春の匂いがしてきます。
地中の中で冬眠している虫や動物が動き始めるのもこの時期とのこと。
少し早いような気がしますが、暦の上ではそんな時期です。

 

 

FUTURENAUTは新たなスタート

今までFUTURENAUTは冬眠していたわけでも地中で寝ていたわけでもありませんが、このような虫に因んだ日を株式会社化の日に選びました。

実は2〜3月に株式会社にしようと思っていましたが、日取りをどうしようか迷っていたのです。
そんな時、以前打ち合わせでこの24節気について聞いたのを思い出したのです。

昔の暦は虫や植物の様子と密接に関わり合っていることを知り、それにあやかりFUTURENAUTもまた新たに動き出すということでこの日を選びました。

これからも虫たちのように力強く動いて行きたいと思います。

 

【関連記事】

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コオロギ社長
FUTURENAUTの代表の櫻井です。 前までコオロギ君として記事をUPしていましたが、最近「コオロギ社長」と呼ばれることが多いので変更します。 これは昇格なのか?! 昆虫の見た目が苦手です。 でも苦手だからこそできる昆虫食の発信ができると思っています!