プラスミライ

FUTURENAUTの昆虫食メディア

SDGsと昆虫食 人気記事 昆虫食の話

タイの昆虫食。スーパーで買えるコオロギのスナック菓子「HISO」

こんばんは。miro@タイです。

 

タイ昆虫食といっても、コオロギパウダーだったり、コオロギオイルになったりと、様々に変化しているものですが、その中でも、そのままスナックになるという、ある意味異色な商品がこちらです。

 

ハイソーHISO

 

HISO
コオロギのスナックHISO

 

タイ語の「HISO」とは、いわゆるハイソサエティ(high society)。
日本語でも言うのかな「ハイソ」のことです。

 

余談ですが、似たような成り立ちの単語とかを見つけると、人の感覚は結構世界共通なところあるよね、とか思って嬉しいですね。

 

更に余談ですが、タイの人は結構、いろんな言葉を略します。
オーケーを、オーとか言ってるのを聞いたときは、なかなか驚きました(笑)
「それオーケーだよね?」を「それオー?」という具合です。
そもそも短いものを限界まで短くする感じなのか、と(笑)

 

さて、そんな「HISO」は、コオロギのスナックですが、コオロギの種類の一つ、コオロギパウダーにもよく使われる小ぶりなコオロギサディンが使われています。

 

使われているというか、

サディンそのもの

です。

 

HISO-サディン!
コオロギのスナックHISO

 

味は、パッケージのシェフっぽい可愛げなキャラが、持ってる調味料、コショウとソースを混ぜたようなスパイスっぽいパウダーが塗されていて、そんな味がします。

 

裏には、諸々な表記があります。

 

HISO-裏面
コオロギのスナックHISO

 

裏の表にはプロテイン8グラムとかありますが、別にこれにプロテインが8グラム入ってるわけではなくて、一日に摂取することが望まれる栄養素、みたいな表記がこの一番スペースを取ってる表です。

 

ぱっと見、これにプロテインが8グラムも含まれてるかと思って驚きました。
やはり栄養素を意識しているのでしょうね。

 

ちなみに、1袋15グラム
うち、サディンが93.7%、調味料が5%とかです。

 

また余談ですが、書いているうちに、ポリポリとこれを食べる自分に驚き(笑)
わりと普通のスナックと見ている自分を再発見です。

 

さて、このHISOですが、たまにコンビニとかで見かけますが、どこのコンビニにでもあるってほどではないです。僕の感覚では、見つかれば運がいい、って感じな印象ですが、コンビニの品ぞろえも客層によるでしょうから、あるところにはありそうですね。

 

今回は、タイきっての高級デパート「サイアムパラゴンのスーパーマーケット「グルメマーケット」で買いました。ハイソー!なスーパーです。

 

こんな感じ。

 

サイアムパラゴンーグルメマーケット
グルメマーケットの入り口

 

サイアムパラゴン-グルメマーケットの棚
サイアムパラゴン-グルメマーケットの棚

こんな感じの棚が並んでる中で、

 

こんな品ぞろえに混ざって、(魚のスナックとか、チキンスキンとか)

 

サイアムパラゴン-グルメマーケットの棚
サイアムパラゴン-グルメマーケットの棚

 

ありました!

 

サイアムパラゴン-グルメマーケットのコオロギスナック
サイアムパラゴン-グルメマーケットのコオロギスナック

5列になってます!
ちょっと雑感がありますが、この量はすごいですね。

ここに日用品を買いに来るハイソーな方が食べる可能性はだいぶ低そうですので、
たぶん、もう一つの客層である、観光客向けと思われます。27バーツ(95円くらい)!

 

27バーツって、安いですねー。

余談ですが、この頃タイもあんまり安くなくて、レイズのポテチで30バーツします。
まー、10バーツ、20バーツ、30バーツと3種類がベースですが、
値上げの代わりにどんどんサイズを小さくしていて、
20バーツだともう小袋って感じ、10バーツはマジで一口サイズになってます。

なので、普通のレイズポテチ1袋より、HISOが安い!って感じです。
こんなに気軽に、昆虫スナックが食べれるのは、やっぱりそれなりの需要にあった供給なんでしょうね。

 

ちなみにサイアムパラゴンというのは、BTS高架鉄道「サイアム駅」から直結しているデパート。
この辺です。


 

興味ある方は、ぜひコメントか、サイトのページ下の「お問合せ」からお気軽に御連絡ください。
もし興味ある方がいたら、まとめて輸入してみてもいいかなーと思います^^

 

2 コメント

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です