(2021年度の参加申込・グランプリ応募は締め切りました。たくさんの皆様のご参加誠にありがとうございました。)

<昆虫料理研究家 内山昭一先生からのメッセージ>

昨年のコオロギレシピグランプリの試食審査会に参加させていただいて、コオロギだけでもこんなに多彩なレシピがあることに驚かされました。グランプリに輝いたコオロギとゴボウに共通する土の香りを生かした「大地のパスタ~コオロギとゴボウのペペロンチーノ」は名実ともに秀逸でした。

今年も審査に誘われて喜んでお受けしました。どんなレシピに出会えるか今からとても楽しみです。


<株式会社カンリエ 代表取締役 管理栄養士 櫛田実穂様からのメッセージ>

代替たんぱく源として期待が高まっている食用昆虫ですが、まだまだ多くの人が抵抗感を持っているのが現状です。コオロギパウダーに含まれるたんぱく質量は100g当たりで考えると、鶏や牛、豚の肉と比べて3倍近く多く含まれています。栄養価が高いにも関わらず、現在の日本では、食べる機会や場所が少ないため、食用昆虫の存在を知っていても、手に取って食べようと思う方は少ないのではないでしょうか。コオロギレシピグランプリは、そんな” コオロギ “を美味しく食べるという、昆虫食に対する考え方や可能性を広げる窓口になると考えております。まだあまり知られていませんが、コオロギは地球にも優しい食材です。皆様のレシピのアイデアは、ヒトと地球環境の双方の未来を明るくするものだと考えております。管理栄養士として、コオロギレシピグランプリの審査に携わることができ、大変光栄でございます。皆様のレシピをとても楽しみにしております。